冒険Cafe オリハルコン|自己紹介

冒険総合体験オリハルコン ホームページ

冒険者 山下健一

プロフィール

DSC00783[1].jpg

1963年
福岡に生まれる
1982年/18歳
米国ヨセミテ ハーフドーム北西壁(当時ギネス世界一の絶壁)単独日本人初登攀に成功
haif dome.jpg
1988年から12年間
県立自然公園三倉岳休憩所管理人
ロッククライミングスクール&フィールドガイド主催
クライミングとカヌーで延べ4千人を無事故で指導&人命救助4回
※元日本自然保護協会自然観察指導員
mikura.jpg
2000年6月から3年間2ヶ月
家族4人で、ヨット太平洋一周航海を行う。航海を記録した著書「太平洋は学校だ!」が、第25回新風舎出版賞ノンフィクション部門最優秀賞受賞。
Misty18.jpgBook.jpg
2010年11月
冒険総合体験・オリハルコンをスタート

SOHOプロダクション広島(プロ意識の高いSOHO紹介サイト)に「冒険家&自然案内人・山下健一」として紹介していただきました。>>>山下健一の紹介記事

わたしの“相棒” 「オリハルコン」号

111.jpg北緯59度まで北上した数少ない日本のヨットです


【艇種】ジャヌー・ワンデザイン35(フランス) 
    全長 10.6m / 全幅 3.5m / 船体重量 3.65t
    バラスト比 36.4%+バルブアスペクト
【定員】10名

画像クリックで拡大します
illust.jpgillust.jpg(月刊KAZI 1992/3から承諾を得て抜粋)

maincabin.jpgメインキャビン

galley.png調理のできるギャレー

toilet.jpg個室マリントイレ(水洗)

オリハルコンの由来

  • 昔、伝説の大陸アトランティスにあったとされる、純粋な心に反応し、その力を増幅することができるという赤い色をした金属の名前。
  • 子供のころ観た、手塚治虫原作のテレビアニメ「海のトリトン」で、主人公の少年が持っていた短剣の名前。まだまだ人知の及ばぬ大洋のロマンへの私の憧れは、小学生のころに観た「海のトリトン」から始まった!

アトランティスとオリハルコン(興味のある方はどうぞ)

遥か昔、大洋の只中で栄えたといわれる、伝説の大陸アトランティス。
海を愛する人々が高度な文明を築いたという。その大陸は、今から5千年の昔、神の怒りに触れ、一日一夜で大西洋(地中海という説もある)の底深く沈んだと伝えられる……。
我々が、科学の発展とともに、自然界のサイクルとは別の道を選択し、歩んできたことに対し、この大陸の人々の文化は、その歴史とともに、海洋と科学が密着した関係で発展していくという道を辿る。
科学と海洋を表裏一体として歩むアトランティス人は、生命の源である海から、多くの法則と神秘を学び、文明の発展に結び付けていく。さらに、指先や道具からスタートしない、我々とは全く違う形の科学も独自の発展を遂げる。
その中で、アトランティスの学者たちは、人間の持つ心の深水をさぐり、科学し、我々の現代科学では解明できない分野を確立させていった。その過程で、アトランティス人は純粋な心の力に反応し、その波動を増幅することができる金属の結晶を抽出する技を身につける。この金属がオリハルコンである。

※参考:「ティマイオス」「クリティアス」(プラトン)
    「ニューアトランティス」(F・ベーコン)、古澤由子など

セーリングプランの詳細は
Blogでお知らせしております。

yacht_silhouette.jpgyacht_silhouette.jpg

<オリハルコン>山下健一公式ブログ

広島県大竹市にて、太平洋一周ヨット<オリハルコン>での活動を中心に、冒険者の視点で 人と自然との関わりを共に学ぶ日々…。

◆オリハルコンの活動を支援して下さる企業
「岩惣」
「中国塗料」
「シチズン」

011.JPG
◆山下江法律事務所は、「瀬戸内海の素晴らしさを、多くの人に伝えてほしい。
瀬戸内を大切に思う人の和が広がれば素晴らしい」という思いから、
「冒険総合体験 オリハルコン」を応援しています。
※山下江先生とは名前は同じですが、親戚ではありません。

お問い合せ

冒険総合体験オリハルコン
代表 山下 健一
  (やました けんいち)
〒739-0651
広島県大竹市玖波(くば)1-8-2-403
TEL 090-7587-0892

LinkIcon問い合わせメールを送る